認知症治療の発達

認知症の治療の実現には、多くの人たちが期待していることでしょう。
予防はあくまでも可能性を低下させるリスクマネジメントのようなもので、不確実性は逃れることはできません。

現在、罹患している患者さんのためにも、早く治療法等が確立されると良いですよね。

若年性の認知症は、早くは30代頃から発症するらしいですね。
徐々に記憶が薄れていくのは、恐怖の何ものでもないでしょう。

認知症には、様々な誤解と言いますか、いろいろな都市伝説的なものまでがありますが、脳の病気であることはようやく認知され始めたようですね。

昔は、認知症を「痴呆」と呼んでいた頃は、暴れたり理解不能な行動を無理やり抑えるために、身体を縛ったりしていたそうです。
当時はそれがスタンダードな対症療法だったのかも知れませんが、今となっては、考えられません。
そんなことをすると、虐待に問われてしまいますからね。

しかし、暴れる患者を女性看護師が抑えるのは、容易な事ではないでしょう。
患者さんが比較的年齢が若い男性なら、恐らく、格闘のようになってしまうのではないでしょうか。
下手をすると、ケガをしてしまいますよね、お互いに。

まあ、そこまでは考え過ぎと言いますか、未経験の妄想ではありますが、身近な話では、やはりコミュニケーションが取れなくなるので、それが一番のストレスに感じるそうですね。
家族は大変ですね。

«
»