エクササイズ

水は、体内の老廃物や有害物質を尿として排出します。
血液量を増やして血行を良くしたり、お通じを促したり、汗をかいて体温を調節したりします。

そして、もう一つ大切なこと“体内のウオッシング”をします。

体の中の水分量が減っていけば、老廃物や有害物質が溜まり、調子を崩す元となります。
老化もある意味で、この水分量の低下と関係があるんですよ。

年齢を重ねるとシワやシミが増えるのも体の中の水分が減っていくことが原因のひとつなのです。
赤ちゃんの時には体重のおよそ80%が水です。
それが高齢の方になると、50%位に落ちちゃいます。

通常健康な人は、体重の70%は水分なんです。
なので、みなさんしっかりとお水を飲んでください。

一昔前は、激しい運動でも指導者は厳しく「水を飲むな」と言っていました。
今は常識では考えられない、非科学的で精神論でも無い、単なる痛ぶりでしかありませんが、当時はそれが「常識」だったわけで、危険と隣り合わせだったのです。

スポーツに関しても精神論や根性論が優先され、指導者は怒鳴ることで「やった感」に陶酔していのです。
怖い考え方ですよね。
運動には理論が備わっていなければならないわけで、滅茶苦茶なシゴキは身体を痛めてしまうだけです。

うさぎ飛びの効果が全く証明されないように、いつの時代も理論は必要なのです。
指導者になることは、難しいのですよね。

«