メタボ対策

メタボリックなのかどうか、胴回りを計測するだけで判断されるのは、ちょっと納得いかないですよね。
内臓脂肪は気になりますが、燃焼効率を上げる指導が欲しいところです。

一般的な人間の体温を36.5度前後とすると、体内の細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高く正常に機能するので、健康なからだをキープできるらしいのです。

これが、35度の前半になると低体温といわれ、排泄機能の低下やアレルギー体質など新陳代謝が不活発な状態になります。
まあ、なかなか居ないでしょうけど、冷え性とはちょっと違う状態なのかもしれないですね。

そして、免疫機能も低下して、さまざまな病気の原因になったりします。
怖いですね。
逆に、血液循環による体温上昇というのは、すごい力を持っているのだなと感じます。

今調べると低体温は、簡単に言うと冷えということなので、冷え性体質の方は要注意ですね。
男性より女性の方が多いようです。

特に、食事が不規則だったり偏っていたり、睡眠を十分にとっていなかったり、間違ったダイエットを繰り返している人に多いようです。
この間違ったダイエットの判断は、素人では無理であるという自覚の無い人ほど、無駄な努力をするようです。

努力すれば報われる、という格言がありますが、それは間違いであり、正しくは「正しい努力は報われる」ですね。
格言も鵜呑みにすると無駄な行動に繋がりますね。

«
»